お酒について






お酒を飲みすぎると、やっぱり太ってしまうのでしょうか?

ダイエットの基本は、食生活の改善と運動ですよね。

では食事はある程度制限するとして、お酒ってどうなのでしょうか。

よく「ビール腹」なんていって太ったお腹を指しますがあれは本当にビールによって太ったのでしょうか。

まず当然ですが、お酒にもカロリーがあるのです。

低めなものから高めなものまで、いろいろな種類があるのです。

アルコール度数が高いものほど、カロリーが高い傾向にあるのがわかります。

お酒のアルコールが多ければ多いほどカロリーが高くなるのは、アルコール自体が高カロリーだからなのです。

アルコールは1gあたり、なんと7kcalもあります。ウォッカをそんなにガブ飲みすることはありませんが、ビールはガブガブ飲んでしまうことがありますが意外と低カロリーだからといって油断は禁物です。

アルコールは高カロリーですが、その性質が普通のカロリーとは少し違います。

実は、アルコールのカロリーはエンプティーカロリーといって、糖質や脂質よりも先に、最優先で熱として放出されるカロリーなのです。

お酒を飲むと、身体が熱くなったり、顔が赤くなったりしますよね。

あれは、アルコールのエンプティーカロリーが即座に熱として放出されているからなのですよ。

つまり、お酒のカロリーが高くても、アルコールのカロリー自体はそんなに気にしないでいいということになりますね。

もちろん、お酒はアルコールだけでできているわけではありません。

お酒の原材料やあとから加えられた糖分のカロリーはそのまま吸収されてしまいます。

ただ、お酒全体のカロリーから考えると、それは微々たる量です。

特に、焼酎やジン、ウイスキーといった蒸留酒は、その原材料のカロリーもかなり少ないといえます。

結論としては、お酒”だけ”を飲んで、そんなにブクブク太ることはないようです。

ただ、気をつけたいのは、お酒といっしょに食べるつまみです。

エンプティーカロリーとしてアルコールのカロリーが優先的に燃やされるおかげで、逆に脂質や糖質が順番待ちになって、燃やされないまま体内に脂肪として蓄えられやすくなってしまうのです。

つまり結局はお酒を飲む時はつまみの量と種類に注意が必要ということですね。ビールに合う味の濃いものや揚げ物ばかりを食べてないで、あっさりとした低カロリー系のおつまみを食べるようにしましょうね。

>> http://123direct.info/tracking/af/63905/GgQP04gO/


----------------------------------------------------------
タグ:ダイエット

posted by スマート at 11:54 | ダイエット

夜食べたら太ってしまうのだったら






夜遅い時間に食べると、寝ている間に脂肪になると言われていますよね。

それなら、いっそ寝なければ太らないということなのでしょうか。「寝ている間に脂肪になる」なら、寝なければ夜遅い時間に食べても大丈夫?

そう考える人もいるとは思いますが、答えは残念ながら「NO」です。人間の身体には、体内時計というものがあり、たんぱく質をはじめ、いくつかの成分が体内時計を動かしています。

このたんぱく質が、増えたり減ったりすることで、身体は1日の中で活発モードになったり、お休みモードになったりしているのです。

実はこのたんぱく質、脂肪を体内に溜め込もうとする性質があるのです。そして、このたんぱく質が増える時間帯、それが夜の10時〜明け方の2時頃なのです。

つまり、夜遅い時間に食事をすると、同じ摂取カロリーでも夕方に食べるより脂肪として蓄えられやすい、それが太りやすいということになります。

さらに、夜遅くまで起きている不規則な生活が続くと、この体内時計は狂ってきます。これが狂うと、問題のたんぱく質が常に多い状態になってしまいます。

そうなると、規則正しい生活をしている人と、まったく同じ摂取カロリーでも不規則な生活をしている人の方が太りやすいということになりますよね。

体内時計が狂うと、ホルモンのバランスもおかしくなります。夜遅くに食べるのと、朝食べるのとでは、消費カロリーにも違いがあります。

食事誘導性熱代謝というのを知っていますか?これは、食べたものを消化吸収するのに使われる消費カロリーのことで、基礎代謝量の約10%を占めます。

たとえば体重60kgの人なら、1日の消化吸収に使われるカロリーは約180kcalになります。毎日180kcalですから、意外とあなどれませんよね。

この食事誘導性熱代謝は、夕方から夜にかけて、どんどん下がっていきます。つまり、同じ量を食べるにしても、夜より朝に食べた方がカロリーをより多く消費できるってことになりますよね。

夜遅い時間に食べても、寝なければ太らない?という考えは、これらの理由から「NO」ということになります。仕事などでどうしても食事が遅くなるような時は、夕方の時点で軽くでも何か食べておいて、深夜にたくさん食べるなんてことのないようにしたいですね。

>> http://123direct.info/tracking/af/63905/GgQP04gO/


----------------------------------------------------------
タグ:ダイエット

posted by スマート at 11:52 | ダイエット

夏に食べたくなるもの(その2)






アイスとくれば、次はラーメン。ラーメンは特に暑い季節以外にも、寒い冬にも食べたくなりますよね。

ダイエット中にラーメンなんて論外!!ですが、好きな食事、好きなデザート、季節ならではのものが全く楽しめない。

それがダイエットだとしたら、あなたは続けられますか?ラーメンだってたまにだったら食べても問題ありませんし、普段からの意識でカロリーコントロールができてればそのご褒美に楽しんでも良いのではないでしょうか。

そこでダイエット中にラーメンを食べるときに気をつけたいことも知っておきましょう。まず何ラーメンを食べるか。

ラーメンには醤油、みそ、とんこつ、塩、最近では醤油とんこつなどいろいろな種類がありますよね。

例に挙げた中では醤油と塩が、カロリーが低めです。みそやとんこつには、こってり系のものが多く、高カロリーの傾向があるので注意しましょうね。ラーメンにはいろいろな具が入っていますよね。

チャーシュー、メンマ、ネギ、のり。当然ながらチャーシューはカロリーが高く、量にもよりますが100kcal以上あるものもあります。

チャーシューは、たいていどのラーメンにも入っているもですから少し残すようにしてもいいでしょう。

もちろん、チャーシュー麺ともなれば、かなり高カロリーになるので、なるべくなら避けられると良いですね。

またタンタン麺やジャージャー麺もひき肉を使っていますから、カロリーが高い傾向にあります。

白菜やキャベツ、もやしなど、野菜が多く入っているラーメンを選ぶといいですね。自宅で作る場合も、なるべくたくさんの野菜を入れるように心がけましょう。

また、麺の太さを選べるのであれば、太麺よりも細麺にすることで多少カロリーを抑えることができますよ。

また、カロリーが高そうだなぁと思ったら、麺を少し残すようにするといいでしょう。

さて、麺が食べ終わったら残るのはスープですが、あなたはスープどうしていますか?残ったスープまで味わいたいこともあるかと思いますが、ダイエット中は避けたほうが良いでしょう。

なぜならラーメンのスープには、ダシやチャーシューなどの脂肪分が溶け出しています。

スープを飲むだけで100〜200kcalを摂取することになってしまうのです。ですからスープは極力遠慮をしたいものですね。

最後に、ラーメンは基本的に高カロリーなので、夕食よりも昼食に食べることが好ましい食べ物です。

夕食、ましてや深夜に高カロリーのラーメンを食べれば、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられてしまうので気をつけましょう。

日頃からのカロリーコントロールをしているからこそ楽しめるラーメンです。ラーメンで元気をつけて次の日からの励みにできたらいいですね。

>> http://123direct.info/tracking/af/63905/GgQP04gO/


----------------------------------------------------------
タグ:ダイエット

posted by スマート at 11:51 | ダイエット

夏に食べたくなるもの(その1)






夏にどうしても食べたくなる食べ物アイスクリーム。あなたは今年どのくらい食べましたか?ダイエット中なら、アイスのカロリーも気にしないといけません。

また、同じアイスでも食べ方ひとつで満腹感や摂取カロリーが変わってきます。

ダイエット中のアイスの上手な食べ方知っておきたいですよね。
まず、ダイエット中、空腹時にアイスを食べることは避けたほうがいいでしょう。

お腹がものすごく空いている時、食前にアイスを食べると糖分がどんどん吸収されてしまいます。

少量なら空腹を紛らわすという意味ではいいですが、1個まるまる食べたい時は食後のデザートとして食べた方が良いですよ。

ソフトクリームのようなかぶりつくタイプのアイスでも、スプーンで少しずつ取りながら食べた方がより、満腹中枢が刺激されて満腹感が得られます。

スプーンで食べられるアイスならスプーンをもらうように心がけましょう。

アイスクリームショップで「コーンですか?カップですか?」と聞かれたら、カップと答えましょうね。

カリカリしたコーンはおいしいですが、コーンだけで約80kcalもあります。

カップにしてスプーンで食べるのがダイエット中のアイスクリームの好ましい食べ方です。

コンビニで買えるアイスなどは、小分けにできたり、ちょっとずつ食べられたりするタイプのものも売っていますよね。

アイスの全体的な傾向として、バニラやチョコ系のアイスは高カロリー、シャーベット系のさっぱりしたアイスは低カロリーの傾向があります。

アイスは、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」に分類されます。乳固形分や乳脂肪はこの順番で氷菓になるほど少なくなっていくので、当然カロリーも下がっていきますよね。

アイスを選ぶ時は、「氷菓」と書かれているものを選んだり、一口分ずつ小分けされていて少しずつ食べられるような種類を選ぶと良いでしょう。

自分で食べる量を調節しながら、ダイエット中でも夏らしいデザートを楽しめるって幸せですよね。

>> http://123direct.info/tracking/af/63905/GgQP04gO/


----------------------------------------------------------
タグ:ダイエット

posted by スマート at 11:49 | ダイエット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。