胃を小さくする






ダイエット中でもついつい過食しまうことありますよね。過食で胃が大きくなってしまい食事を制限しようとしてもお腹が全然満たされないそしてまた過食。

そんなサイクルから抜け出すための、胃を小さくする方法を知っておきましょう。そもそも、胃は大きくなりません。

過食気味になっていることを「胃が大きくなる」と表現することはあっても、実際に胃が大きくなることはないのです。もちろん、胃袋自体は伸び縮みする臓器ですからたくさん食べれば一時的に胃が膨らむことはあります。

でも消化したものを腸に送り出したら、また元の大きさに戻るものです。

つまり、通常な状態の胃の大きさが変化することありませんし、人によってそこまで大差があることもまずありません。

では、過食が続いたあとに食事制限をすると満足できないのは胃が大きくなってしまったわけでは無いのなら何故なのでしょう。

それは満腹中枢の働きによるものです。

満腹になったかどうかを決めるのは、胃が空いているかどうかではなく、脳にある満腹中枢が満腹信号をキャッチして判断します。

過食の日々が続くと、その食事量に脳が慣れてしまいます。

すると満腹中枢の働きが鈍くなり満腹信号を感じにくくなります。

こうなると、いくら食べても満腹だと感じなくなってしまいますね。

要するに、「慣れ」ということです。この満腹中枢の働きを元に戻すのにはどうしたら良いのでしょうか。

それにはやはりよく噛んで、ゆっくり食事をすること。これが一番大事なのです。よく噛んで、よく味わい満腹中枢に「食べている」ということを認識させることが大事なのです。

何にだって悪い「慣れ」を変えるには、良い「慣れ」を身につけるしかありませんよね。それは食事にだって言えることなのです。

よく噛んでゆっくり食べることを習慣にして、腹八分ぐらいで止めておけば、満腹中枢がそれに慣れて、「胃を小さくする」ことができるはずですよ。

>> http://123direct.info/tracking/af/63905/GgQP04gO/


----------------------------------------------------------
タグ:ダイエット

posted by スマート at 12:02 | ダイエット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。